水道トラブルの具体的な修理の仕方について

水道から水漏れが起きたときは、水道のどの辺りから漏れだしているかを確認することで、なぜ漏れてしまっているのかという原因を予想することができます。原因を探ることでどのような修理が必要かも必然的にわかってきます。水のトラブルは部品の交換であれば自分自身で修理が可能であるため具体的な修理の仕方について説明します。

■水漏れの場所によって異なるパーツの交換の仕方とは

水道の水漏れは、漏れてくる部位によって修理するパーツが違います。例えば通常水が出てくるところから水がポタポタと漏れるなら、コマというパーツを換える必要があります。また蛇口の持ちての下からという場合は内部のパッキンが劣化しているケースが多く、交換が必要となります。水道自体が取り付けられている部分における水漏れはパーツの交換ではなくシールテープという専用のテープを使って補強を行うことで修理が可能です。

■具体的な修理の仕方とは

具体的な修理の仕方としては、パーツの交換をしたい場合はまず、ハンドル下のナットを緩めることで緩めることができます。次にコマを取り出し交換し、本体部分を元に戻すと修理が完了します。またハンドル下の部分からの水漏れの場合はハンドルのついているビスを取り外し、ハンドルを抜くことでパッキンを取り出すことができます。付け根部分においては蛇口本体を取り除き、付け根部分にシールテープをはり補強することで解決します。

■まとめ
水漏れはどの辺りで発生しているかによって交換するパーツが異なります。水が流れる部分での水漏れはハンドルをゆるめコマを換えることで直せます。またレバーの下部から水漏れがある場合は、ビスを取り外しレバーを外し、パッキンを取り替えることで解決します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ