水道の蛇口を自力で修理する方法

日常の生活において水はなくてはならない存在です。しかし普段見落としがちですが、水道というのは何年も使用し続けることで劣化してしまい、古いものではいつ壊れるか分からない状態になっています。水回りのトラブルにおいて特に蛇口に関するトラブルは非常に多く発生しています。トラブルに遭遇すると慌てて専門の業者を呼んでしまいがちですが、自分で直す方法もあるため紹介します。

■蛇口の水漏れは部位をチェック

蛇口で水漏れに遭遇した場合、非常に困るでしょう。いくら水を止めても流れ続けてしまうため、水道代もかさんでしまいます。そのためいち早く対処しなければなりませんが、特に重要なのが蛇口のどの辺から漏れているのかという点です。水が出るところからなのか、根本部分の水漏れなのか、または給水管とつないでいる部分なのかという点で必要な部品が異なるため、どこから漏れているのかをしっかりと確認しましょう。

■自力で修理する方法とは

水道の水漏れは、どの辺りから漏れているのかをチェックした後、水を元栓からしめて出ないようにします。元栓をしめないと、修理作業中に水がドバドバと流れてしまう可能性があります。水が流れてしまえば当然ながら床などが水浸しになってしまうため、元栓をしめる作業は非常に重要です。次に水が漏れてくる部分は工具などを使ってはずし、劣化してしまった部品を新しいパーツと交換します。その後外したパーツをもとに戻すことで水漏れを直すことができ、トラブルを解消することが可能です。

■まとめ
水道は日常においてなくてはならないものです。トラブルに遭遇すると慌ててしまいますが、蛇口の漏れに関しては自分で直すことができます。直し方としてはまず原因箇所を確認し、元栓からしめ、悪いパーツを取り替えるなどの方法が可能です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ