水道の蛇口の仕組みと水漏れの修理について知っておく

蛇口をしっかりとしめているのに水がポタポタと流れ出てしまう場合は修理を行うとよいでしょう。しかし水道の水漏れは実は専門の業者をよばなくても自分自身で簡単に修理することができる場合があります。蛇口の仕組みを知ることで、なぜ水漏れが発生しているかも理解でき、修理しやすくなるため、仕組みや水漏れの原因についてふれます。

■蛇口の仕組みとは

一般的にハンドルを回して水を出すタイプの水道には、内部にスピンドルというパーツがあります。ハンドルを回ることでこのスピンドルが上へとあがり、給水管から流れてきた水と、水が流れだす部分との間にスペースが生まれます。このスペースに給水管から流れてきた水が流れ込むため、蛇口をひねると水が出てくるという仕組みになっています。またスピンドルと蛇口との間にはパッキンもあります。パッキンは他にあらゆるところで使用されています。最近ではハンドル部分を回すという構造の蛇口は少ないですが、根本的には同様な仕組みとなっています。

■水道の水漏れの主な原因とは

水道からの水漏れの主な原因はスピンドルの劣化が考えられます。特に10年以上使用したものであればスピンドルが傷んでしまっている可能性は非常に高いです。またスピンドルの劣化以外にもパッキンが劣化してしまっている場合があります。スピンドルは亀裂や劣化などによってその機能が果たせなくなっているため、水漏れが起きてしまっている可能性があります。さらにパッキンが劣化することでスピンドルの上下の動きがうまくいかずに水が漏れてしまうという原因も非常に多いです。

■まとめ
蛇口から水が漏れてしまっているケースでは、自分で修理することができる場合もあります。蛇口は持ちて部分を回すことでスピンドルが上にあがり、スペースがあくことで水が流れこみます。スピンドルの上下運動にはパッキンも不可欠ですが、どちらも長年使うことで劣化してしまうことがあります。こうした劣化によりうまく機能が果たせなくなり水漏れが起きる原因となっていることが多いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ